健康に役立つスムージーレシピ

健康に役立つスムージーレシピ

高血圧、低血圧、血液ドロドロ、血糖値、尿酸値、コレステロールなどを改善するスムージーレシピをまとめています。

 

健康に役立つスムージーレシピ

 

各所で健康的、とされているスムージーのレシピをまとめてみました。中には、確実にマズそうな組み合わせもあるのですが、どうなんでしょう?

 

栄養面では100点っぽいのですが。

高血圧を予防するスムージー

高血圧が続くと、血管に負担がかかって心臓病や脳卒中につながるおそれも。血管に負担をかける塩分を控えて、塩分を排出するカリウムやペクチンを取りましょう。

 

健康に役立つスムージーレシピ

 

カリウム

よぶんな塩分を排出して、高血圧やむくみを予防。

 

しそやメロンに多く含まれています。

 

ペクチン

水溶性の食物繊維。塩分の排出に役立ち、動脈硬化の原因とされる糖や脂肪の吸収を穏やかにします。

 

オクラやりんごに多く含まれています。

 

高血圧予防のスムージーレシピ

 

オレンジ+オクラ

 

オレンジ1コ(100g)+オクラ1.5本(10g)
↑多分、破滅的に激マズ。

 

※オレンジはりんごに変えてもOK。レタスを加えると、さらにカリウムが補えます。

 

グレープフルーツ+しそ

グレープフルーツ1/2コ(100g)+しそ3枚
↑まだ飲めるかも。

 

※しそはクレソンに変えてもOK。かぶを加えると、さらにカリウムが補えます。

 

メロン+セロリ+レモン汁

メロン100g+セロリ25g+レモン汁小さじ1/2
↑セロリ入れずに飲みたい。

 

※セロリはきゅうりに買えてもOK。アボカドをプラスすると、オレイン酸(動脈硬化予防)も摂れる。

低血圧を予防するスムージー

低血圧は、だるさ、めまい、たちくらみなどの症状につながります。十分な栄養と運動習慣を持つことがポイント。

 

健康に役立つスムージーレシピ

 

朝に食事を取ることが低血圧を予防するポイントになるので、食欲が出ない…というあなたは、朝からグイッとスムージーが効果的かも。

 

たんぱく質

低血圧=痩せ型で筋力がないことが多いので、筋肉をつくるタンパク質を取りましょう。血圧を一定以上に保つには、血液中のたんぱく質が必要です。

 

豆乳、バナナなどから良質なタンパク質が摂れます。

 

ビタミンB6

 

たんぱく質を分解します。そして、血圧を維持する血中アルブミンや赤血球を作る働きを助けます。タンパク質とセットで摂りたいですね。

 

バナナ、白すりごまから摂れます。

 

低血圧を予防するスムージーレシピ

 

かぼちゃ+バナナ+ゆず+豆乳

 

かぼちゃ100g+バナナ1/4本+ゆずの皮1/2+果汁小さじ1/2+豆乳100ml
↑それほど違和感ないですが、ちょっと想像がつかない味。

 

※かぼちゃをにんじんに変えてもOK、柿をプラスするとさらにビタミンCが摂れます。

 

にんじん+りんご+しょうが

 

にんじん1/4本(50g)+りんご1/4コ(80g)+しょうが3g+水50ml
↑わりとまともな方

 

※りんごをミカンに変えてもOK。塩をひとつまみプラスで血圧を維持

 

春菊+バナナ

 

春菊一束(10g)+バナナ1/2本(50g)+水50ml
↑なんで春菊を!罰ゲームレベルかも。

 

※春菊をサニーレタスに変えてもOK。レーズンをプラスすると、さらに鉄分が補えます。

血液をさらさらにするスムージー

血液がドロドロになると、全身に酸素と栄養素が行き渡らなくなり、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすこともあります。過度の飲酒、喫煙、ストレスなども原因になってきます。

 

健康に役立つスムージーレシピ

 

こまめな水分補給と、規則正しい生活、禁煙が血液サラサラになるためのポイント。

 

リコピン

 

強力な抗酸化作用で活性酸素を除去する栄養素。血液中のコレステロール酸化をふせぎ、血液が固まりにくくなります。

 

トマト、スイカなどに多く含まれています。

 

オレイン酸

 

不飽和脂肪酸の一種。血中の悪玉コレステロールを下げる効果があります。

 

アボカド、アーモンドに多く含まれています。

 

血液サラサラスムージーのレシピ

 

みかん+アボカド

 

みかん2個(200g)+アボカド1/2個(50g)
↑未知の組み合わせ。きっとマズい。

 

※ミカンをパイナップルに変えてもOK。オリーブオイルをプラスすると、さらにオレイン酸が補える。

 

キウイ+メロン+レタス

 

キウイ1/2個(50g)+メロン70g+レタス1枚(30g)
↑キウイ・メロンまではいいとして、レタスは入れたくない。きゅうりなんかもっと入れたくない。

 

キウイをぶどうに変えてもOK。きゅうりをプラスして、カリウムがさらに補える。

 

トマト+アーモンド+りんご+黒酢

 

トマト1コ(160g)+アーモンド5つぶ+りんご1/8個(40g)+黒酢大さじ1/2
↑悪くないのかも?

 

りんごをグレープフルーツに変えてもOK。スイカをプラスすると、リコピンがさらに補える。

血糖値を下げるスムージー

血糖値というのは、血液に含まれる糖分の量を表します。食後にグワッと増えて、インスリンというホルモンの働きで元に戻ります。

 

健康に役立つスムージーレシピ

 

が…急激な高血糖状態は、動脈硬化の原因になり、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞を招くこともあるんですよね。糖質の量をセーブしつつ、血糖値の急激な上昇を抑えるのがポイント。

 

食物繊維

 

糖質の吸収を穏やかにして、血糖値が急激に上がるのを抑えます。水溶性と脂溶性がありますが、特に水溶性食物繊維を意識して取るようにすると良いようです。

 

いちご、りんごなどに多く含まれます。

 

リグナン

 

糖質代謝を助けるビタミンB1の働きを促進し、インスリンの分泌量を増やします。

 

白すりごま、亜麻仁油に多く含まれます。

 

血糖値の上昇を抑えるスムージー

 

バナナ+れんこん

 

バナナ1/2本(50g)+れんこん40g(加熱)+水50ml
↑罰ゲームレベルの破滅的な組み合わせ。飲みたくない

 

※れんこんをりんごに変えてもOK。きなこをプラスすると、コレステロール値を下げる効果を狙う。

 

いちご+きゃべつ+レモン汁

 

いちご10個(100g)+キャベツ30g+レモン汁小さじ1/2
↑いちごにキャベツ?絶対合さなそう

 

※キャベツをサラダ菜に変えてもOK。リンゴ酢をプラスすると、血糖値を正常化する効果あり。

 

りんご+おくら+白すりごま+豆乳

 

りんご1/8個(40g)+おくら3本(20g)+白すりごま大さじ1+豆乳100ml。
↑オクラ入れんなバカヤロウと言いたくなる

 

※オクラをヤマイモに変えてもOK。バナナをプラスすると、カリウムを補えます。

尿酸値を下げるスムージー

尿酸は、プリン体を代謝するときにできる老廃物。もともと尿酸は抗酸化作用があり、体のサビを防止します。

 

健康に役立つスムージーレシピ

 

が、増えすぎると痛風や腎障害、尿路結石を起こしちゃうんですね。プリン体を多く含む魚の干物、レバーの食べ過ぎには注意。

 

アルコールも尿酸値を上昇させ、肥満することでも尿酸値が上昇しやすくなるんですね。ダイエットダイエット。

 

葉酸

 

プリン体→尿酸の変化を弱め、尿酸が過剰に作られないようにします。

 

ほうれん草、モロヘイヤに多く含まれています。

 

ビタミンC

 

痛風発作を予防する働きが期待されています。

 

白菜、カリフラワーなどに多く含まれています。

 

尿酸値を下げるスムージー

 

ほうれん草+白菜+りんご

 

ほうれん草一束(20g)+白菜30g+りんご1/4個(80g)+水50ml
↑うーん、青臭いりんごジュース…?

 

※ほうれん草をアスパラガスに変えてもOK。豆苗をプラスすると、ビタミンCがさらに補えます。

 

とうもろこし+カリフラワー+豆乳

 

とうもろこし(ホール缶。缶詰)40g+カリフラワー40g+豆乳50ml。
↑なんか不気味な味になりそう

 

※カリフラワーをブロッコリーに変えてもOK。キャベツをプラスして、ビタミンCをさらに補うのも良いです。

 

メロン+かぶ+牛乳

 

メロン130g+かぶ1/2個(50g);牛乳50ml
↑メロン様にかぶを入れるな!って言いたくなる。未知の味。

 

※かぶをきゅうりに変えてもOK。甘酒をプラスすると、葉酸をさらに補えます。

コレステロールを下げるスムージー

余ったコレステロールを回収するのが善玉、体にコレステロールを供給するのが悪玉、と呼ばれていますが、現代では悪玉のほうが増えがち。

 

健康に役立つスムージーレシピ

 

悪玉が増えすぎると、動脈硬化を起こす可能性があるので、水溶性食物繊維お多くとって、悪玉コレステロールを減らすようにしましょう。

 

イソフラボン

 

悪玉コレステロールが酸化したり増えたりするのを防ぎ、動脈硬化の予防に役立つとされています。

 

豆乳、豆腐に多く含まれています。

 

ポリフェノール

 

抗酸化作用で、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防します。

 

りんご、メロンに多く含まれています。皮付きのまま使うと、さらに良いです。

 

コレステロールを下げるスムージーレシピ

 

バナナ+きゅうり+豆乳

 

バナナ1/2本(50g)+きゅうり1/2本(50g)+豆乳50ml
↑バナナときゅうりって、ダメじゃない・・・?

 

※きゅうりをメロンに変えてもOK。パイナップルをプラスすると、さらにコレステロール値を下げられます。

 

みかん+さつまいも+サニーレタス+レモン汁

 

ミカン1コ(100g)+さつまいも80g(加熱)+サニーレタス20g+レモン汁小さじ1/2+水50ml
↑なんかもう、めちゃくちゃな組み合わせに思える

 

※水を豆乳に変えてもOK。

 

トマト+りんご+レモン汁

 

トマト1/2個(80g)+りんご1/4個(80g)+レモン汁小さじ1/2
↑なんとか飲めそうな、セーフっぽい組み合わせ。カリフラワーはイヤ!

 

※トマトをカリフラワーに変えてもOK。水菜をプラスして、コレステロール値を下げられます。

まとめ

たしかに健康には良さそうなんですが、ほとんどの組み合わせがマズそうです。

 

メロンとかぶと牛乳混ぜるとか、メロンがもったいなくてできません!かぶなんか、ぜーったい入れたくない!!
そんなこと言ってたらダメなのかも知れませんが…。

 

マズそうなスムージーなんて、続くわけない…というあなたは、市販の、味が調整されたスムージーから始めてみるといいかもしれません。

 

参考)おじさまがお嬢様スムージーを試してみた!